2012.05.25 しゃくやく
petite243.jpg
トミーフェブラリー6プチブライス。
花とブライス、まだまだ続きます^^;


2週間程前、芍薬を見に行きました。
芍薬って、今まで注目したことがなかったのですが、幾重にも重なった花びらが
とても美しい花でした。



しゃくやく1
しかも、一度にこんなにたくさんの芍薬…圧倒されました。
(これでも、ほんの一部。)
種類も、すごくいっぱい。



しゃくやく3
ピンクとオレンジの中間のような…何色って言うんでしょう。
見たことのないキレイな色の芍薬。



しゃくやく2
ついつい、近寄って撮ってしまいます。
(苦手な方、ゴメンナサイ。)



花と撮ると、どうしても逆光に(´о`)
petite244.jpg
プチトミー:「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
美人の形容として使われる、ことわざ。


芍薬と牡丹って、花だけ見ると全然見分けがつきません。
牡丹が先に咲いて、後から芍薬が咲きますが。

でも、調べてみると、根本的に違うのですねー。
芍薬は草で、牡丹は木、なんだそうです。

芍薬は冬に地上部が枯れて根っこだけが残り、春にそこから新しい芽が出て花が咲く。
牡丹は冬も木の姿のまま、春に枝から新しい芽が出て花が咲く。
…らしい。

本来、牡丹は種を植えて育てるようですが、芍薬の根っこに接ぎ木をして育てる
という方法が開発されて、育てやすくなったらしい。
この場合、春に出てくる芍薬の芽を摘みとらないと、牡丹が枯れて芍薬に戻ってしまう
…なんてことがあるようです。

へぇ~。
な、芍薬と牡丹の関係でした。



***
拍手ありがとうございました*
スポンサーサイト
Secret