2010.06.18 門司港
moji1.jpg
相変わらず、ちいさな仕事に“ぶんぶん”振り回される毎日で、ブログ放置気味です…。
ブライスブログ巡りも全然できないっ。
福岡写真も早く載せたいのですが。

まずは、門司港編から。
門司港(もじこう)は、かつて貿易港として栄えた街です。
歴史的建造物が多く残され、レトロな雰囲気があり、ちょっと横浜っぽい、か。

バニーブラックの後ろに写っているのは、門司港駅。
レトロ感たっぷりな木造駅舎です。
つづきに、くっきり門司港駅の写真載せます。



moji2.jpg
門司港駅。
1914年2月1日に、旧門司駅として開業。
左右対称の駅舎は、ネオ・ルネッサンス様式の木造建築。
鉄道駅舎では初の、国の重要文化財に指定されています。



moji3.jpg
雑貨屋さんが集まる、太陽新海運ビル。
vinボタンやレースを扱うお店や、手作り雑貨を扱うお店などが入居しています。
レトロで雰囲気のある建物です。



moji4.jpg
旧大阪商船。
1917年に建てられた、大阪商船門司支店を修復した建物です。



moji5.jpg
古いものと新しいもの。
なんとも対照的。

手前左側のレンガの建物は、旧門司税関。
1912年に建てられました。
昭和初期まで税関庁舎として使われ、その後、民間業者が倉庫等に使い
改修されてしまったのを、建設当時の形に修復して公開しています。
古いレンガ造の壁に荷重がかからないよう、2階の床と壁の縁が切れていたり
なかなか興味深い修復をしています。

手前右側(見にくいですが)トンガリ屋根の建物は、国際友好記念図書館。

奥にそびえ建っているのは、故黒川紀章氏設計の高層マンション。
31階に「門司港レトロ展望室」があります。
関門海峡の夜景が素敵に見える…のでは。(←登ってない。)



moji6.jpg
最後に、門司港駅のライトアップ。
ビューティホーです。
確か、ライトアップは21時とか22時とか早い時間に終わってしまったので
見たい方はお早めに。


以上、ざっくり門司港観光でしたー。
スポンサーサイト
Secret