--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.02 ブライスと建築探訪~多摩美術大学八王子図書館~
petite135.jpg
久しぶりに建築探訪してきました。
前々から行きたかった、多摩美大図書館です。

設計は、伊東豊雄氏。
伊東氏は、今いちばん面白い設計をする建築家じゃないかな~という気がします。
表参道にあるトッズのビルとか、銀座ミキモトも設計しています。


今回のプチブライスお供は、建築探訪シリーズの常連
トミーフェブラリー6プチブライス。

以下、建物の写真がつづきます。
興味のある方、お時間のある方はどうぞ。



この図書館は、多摩美術大学の八王子キャンパスにあります。
八王子キャンパスは多摩丘陵にあり、キャンパス内は高低差がかなりあります。
坂道、階段だらけ。

archi31.jpg
建物北面。
アーチ型の窓が並び、湾曲した壁面。
中がどうなっているのか気になる、誘われる外観。



archi32.jpg
コンクリート打放しの外壁とガラス窓は、同面収まり。



archi33.jpg
南西方向から。



archi34.jpg
南側エントランスより、1階のアーケードギャラリー。
1階の床は、地形に合わせて1/20の傾斜がついています。

*図書館内部は撮影禁止です。
 一応ここも内部なのかもしれませんが、受付の外ですし、周りに学生さんも
 誰もいなかったので、迷惑にならない範囲で撮りました。



archi35.jpg
ガラスで仕切られた向こう側が、図書館内部。
足元にいくにつれて細くなっていく柱。
免震構造にすることで実現したそう。

↓図書館の中の様子は、コチラで見ることができます。

図書館HP


1階は、新刊雑誌を自由に閲覧できたり、映像を閲覧するAVブースのエリア。
床に勾配があるので、雑誌コーナーはずっと座っているのはしんどいかも。
2階は、開架書架と閲覧エリア、学生さんは入れる閉架書架エリア。
天井が高く、アーチ型の窓は明るくて、オサレなカフェみたい。

中で使われている家具は、ほとんどオリジナルデザイン。
湾曲した建物のように、書架もS字にくねって配置されています。



petite136.jpg
プチトミー:「こんな図書館で勉強できる生徒さんが羨ましいです。」

多摩美で建築を学んでいる生徒さんたちにとっては、身近に面白い現場を
見ることができて、いい刺激をもらえたのではないでしょうか。


ちなみに、わたしが大学に行ったこの日は、卒業制作展をやっていたので
自由にキャンパス内に入ることができました。
通常は入ることができるのかどうか、わかりません。



*** 多摩美術大学八王子図書館 建物概要 ***

archi36.jpg

所在地:東京都八王子市鑓水
床面積:地下1階=852.62㎡、1階=2287.72㎡ 、2階=2499.12㎡
構造:S造+RC造、一部RC造(地下階)
最高高さ:13.11m
建築設計:伊東豊雄建築設計事務所
家具設計:藤江和子アトリエ
施工:鹿島
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。