2009.02.12 スイス旅行記
switzerland4.jpg
朝起きると、外は雪でした。。。
一晩で、こんなに積もってるし!

この日の予定は、登山電車に乗り、ヨーロッパで一番標高の高い駅
「ユングフラウヨッホ」に行って、スイスアルプスを眺める、なのですが…。

こんな天気で、アルプス見られるの!?
そもそも、登山電車動くの!?

なんとも心配な一日のスタートです。
プチブライスお供は、ベベバブーシュカ。

写真、かなり多めです。
興味のある方、お時間のある方、つづきをどうぞー。



neo-s1.jpg
ハーバー:「大雪だよ…。」

スイス・インターラーケンのホテルをバスで出発して、登山電車に乗る
ために駅へ向かいます。



switzerland5.jpg
ラウターブルネン駅到着。
電車は動いていました。とりあえず、ヨカッタ。



switzerland6.jpg
黄色と緑の可愛い電車に乗ります。
このヴェンゲルンアルプ鉄道で、まずはクライネ・シャイデック駅まで登ります。



switzerland8.jpg
車窓から。。。って何にも見えないっ!
「この登山電車に乗るだけでも価値があるんですよ。」
と添乗員さんのフォロー(苦笑)



およそ45分で、クライネ・シャイデック駅に到着。
switzerland7.jpg
ここで赤い電車に乗り換えます。
このユングフラウ鉄道で、ユングフラウヨッホに向かいます。



switzerland9.jpg
乗り換え時間に、セントバーナードが会いにきてくれましたv
救助用の樽を首から提げています。
おとなしくて、いい子でした。
撫でてみると、毛が凍って?ゴワゴワしていました^^
お天気が良ければ、この子と記念撮影ができたそうです。残念。



クライネ・シャイデックを出発すると、トンネルに入っていきます。
switzerland10.jpg
終点ユングフラウヨッホまでの間、アイガーヴァントとアイスメアという
2ヶ所の駅に5分間ずつ停車します。
どちらの駅にも展望用の窓があり、絶景を拝める、はずなんですが…。



switzerland11.jpg
外は一面真っ白で、視界ゼロ状態でした。
これはアイスメア駅の展望用窓枠。



およそ50分で
switzerland13.jpg
ユングフラウヨッホ駅に到着。
標高3454m。富士山より、ちょっと低い。

薄々感じていたのですが、標高が上がっていくにつれて頭痛が(><)
ここでは、もう心臓がばくばくしていました。
…はい、高山病です。



switzerland14.jpg
ユングフラウヨッホには、エレベーターで標高3571mまで上ることができる
スフィンクス展望台があります。
この天気では何も見えないのがわかっていたので、もうひとつの低い展望台
に行ってみました。



展望台に行き、外へ出ると。。。
switzerland15.jpg
やっぱり、何も見えない!
どの方向を見るとアルプスの山々が見えるのかも、検討がつきません。



petite-s1.jpg
ベベバブ:「お天気が良ければ、ユングフラウ・アイガー・メンヒの三山が
       見えるの。」

雪の白さで、ベベバブがますます美人さんに写っています。
ついでに、わたしの手袋も写っています(^_^;)
一応、写真を撮って、すぐ退散です。



その後、氷の宮殿を見に行きました。
switzerland16.jpg
ぬいぐるみが凍っています。
この子はEUのキャラクターなのでしょうか。



氷の宮殿には、氷の彫刻が色々展示してあります。
switzerland17.jpg
エスキモー?

氷の宮殿を見て、お土産を買ったりしているうちに下山の時間です。
わたしは高山病のせいで、フラフラ状態。
他の人たちは、みんな元気そうに見えました。
体力のない自分が情けなかったです。
体調による所が大きいようですが。。。



petite-s2.jpg
ベベバブ:「わたしは元気よ!」



switzerland12.jpg
登山電車のレール。
ユングフラウ鉄道は、ラック式鉄道。
真ん中のギザギザがポイントなのです。

下りは駅で停車せず、そのままクライネ・シャイデックまで35分で下山。
クライネ・シャイデックのレストランで、お昼ごはんを食べました。



switzerland18.jpg
スイス・フランの硬貨。
デザインが、ずっと変わっていないそうです。



switzerland19.jpg
雪の結晶!初めて見ました。可愛い*
実は、スキー・スノボをやったことがなくて、雪山を見るのも初めて
だったのです。



switzerland20.jpg
再びヴェンゲルンアルプ鉄道に乗り、さらに下山します。



switzerland21.jpg
やっと、わたしの頭痛も治まってきました。
しんどかった!



switzerland22.jpg
つららがぶら下がる断崖絶壁。

バスに乗り、いよいよ旅の最終地パリに向かいます。



switzerland23.jpg
夕方、ローザンヌ駅に到着。
ここで、フランクフルトの空港からずっーとバスを運転してくれた
運転手さんとお別れです。
泣きまねをして見送ってくれました^^



switzerland24.jpg
パリには、フランス版新幹線TGVで向かいます。

「世界の車窓から」を楽しみにしていたのですが、外は真っ暗で
何も見えませんでした。
お弁当を食べてお腹いっぱい、窓の外は真っ暗、となったら。。。
寝てしまいますよね。

TGVは新幹線という割に速くなく、途中トラブルもあって、パリまで
およそ5時間かかりました。


***
最後まで見てくださった方、ありがとうございます*
次回からは「パリ旅行記」になりますー。
スポンサーサイト
Secret