--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 ドイツ旅行記~part6~
petite-g9.jpg
*旅行記にたくさんの拍手ありがとうございました*

ローテンブルクから、ロマンチック街道をバスで南下して行きます。
途中、ディンケルスビュールという、ちいさな街に立寄りました。

ローテンブルクは戦後復興の街だったのですが、ディンケルスビュールは
戦禍を免れていて、本物の中世の街並みが残る貴重な街なのです。


以下、写真がかなり多いです。
それでも見てくださるという方、つづきをどうぞ。


germany70.jpg
ロマンチック街道に雪が降ったのは、久しぶりのことのようです。
(添乗員さんが感激していました^^)
温暖化の影響なのか、あまり降らなくなっているそうです。



germany71.jpg
ディンケルスビュールは、水濠に囲まれた美しい街です。
川に建物が映る様子は絵画のようです*



germany72.jpg
ディンケルスビュールでは、7月に「キンダーツェッヘ」という
子供祭が開かれます。

1632年、スウェーデン軍が街を包囲した際、子供達が身を投げ出して
許しを乞いました。
スウェーデン軍の将軍は、その子供のひとりに自分の子供の面影を
見て心をうたれ、攻撃を止めて立ち去った、という逸話があるのです。

↑壁にその絵が描かれた建物があります。



germany73.jpg
15世紀に建てられた「ドイチェス・ハウス」。
美しい7層の木組みの家。
現在はホテルとなっています。



germany74.jpg
ディンケルスビュールの中心地です。
左側のオレンジの壁の建物が、「キンダーツェッヘ」の描かれた建物。
真ん中の塔は、聖ゲオルク教会。
右はしに写っているのが、ドイチェス・ハウスです。



germany77.jpg
教会の脇に立つもみの木。
かなり大きいです。



petite-g10.jpg
右を見ても左を見ても可愛い街で、キョロキョロしてました。



germany75.jpg
路地も絵になります。



petite-g11.jpg
ジングル:「おとぎの国みたいー。」



germany76.jpg
可愛い模様の屋根。



neo-g8.jpg
ハーバー:「こんな街に住んでみたいね。」



petite-g12.jpg
ジングル:「もう行かなくっちゃ。。。」



germany78.jpg
時間がなくて、あまり散策できませんでした。残念。
川、ちょっと凍ってます。



再びバスに乗り、ロマンチック街道をさらに南下します。
germany79.jpg
ずいぶん雪深くなってきました。



夕方、ミュンヘンに到着。
germany80.jpg
ミュンヘン新市庁舎。
ライトアップされた市庁舎は、荘厳な雰囲気で素敵でした。

市庁舎前のマルクト広場では、クリスマスマーケットが開かれていました。
これまで見てきたマーケットとは、規模が全然違いました。
ここのマーケットで、クリスマスツリーを購入しました。



germany81.jpg
クリスマスをカウントダウンしている建物。
やはり、23日までしかありません。



夕食はビアホールでいただきました。
germany82.jpg
ドイツと言えば、ビールのイメージがありますよね。
1リットルのジョッキです。
大きさが、イマイチ伝わりませんが。。。



germany83.jpg
ビールのお供は、ソーセージ^^



締めは
neo-g9.jpg
ホテルでくつろぐハーバーでした。
旅はやっと半ば、次の日はノイシュバンシュタイン城に向かいます。



***
たくさんの写真を最後まで見てくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。