2008.09.19 ブライスと建築探訪・番外編~東急線渋谷駅~
petite113.jpg
日経アーキテクチュアで記事を見て以来、見てみたかった「新渋谷駅」
中野の後、代官山へ行ったので寄り道です。
お供は、イッツィビッツィバグ。


以下、ブライスは登場しません。
興味とお時間のある方は、つづきをどうそー。
拍手のお礼は、そのつづきにありますm(_ _)m


「東急線渋谷駅」と書きましたが、正確には「東急東横線渋谷駅」になります。
現在は、まだ東横線がつながっていないのです。
地下5階に東京メトロ副都心線プラットホームがあり、2012年に東横線と相互乗り入れ
することになっています。
東急田園都市線のホームにもつながっているので、将来的には東横線と田園都市線の
乗り換えが楽になるかな、という感じ。

archi22.jpg
地下鉄にはめずらしい、吹抜空間。
ガラスに、写真を撮ってるわたしが写りこんでいるのは、見逃してください…。



archi23.jpg
地下5階まで続くエスカレーター部分は、卵型の壁に包まれています。
設計者安藤忠雄氏曰く、「地宙船」。
駅全体が、卵型の空間になっています。


archi24.jpg
この殻の部分、安藤氏お得意のコンクリート打放しにすることも考えたようですが
工期(約1年)の都合と、重すぎて支えきれないという理由で断念。
GRC(ガラス繊維補強コンクリート)なるもので出来ています。



archi25.jpg
吹抜の真下、地下5階ホームに立っています。
地宙船の規模は、全長78m、幅24m、高さ12mもあります。



archi26.jpg
吹抜から見上げ。
並んでいる○は、空調の吹出し口です。

写真を撮っている最中に設定を変えてしまったので、色がマチマチでごめんなさい。


建物概要
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目
延べ面積:27725.12㎡
構造・階数:RC造・一部S造、地下5階・地上1階
設計者:安藤忠雄建築研究所+東京急行電鉄+日建設計+東急設計コンサルタント
施工:渋谷駅開業設備工事JV(鹿島・東急建設・大成建設)

*日経アーキテクチュア 2008年9月8日号 より抜粋

***
拍手ありがとうございます*

cさん
飴屋さん、バルセロナに本店のある、あの店です。
さすが、よくご存知ですね。
日本にはないカラフルっぷりで、着色料が気になるところですが(笑)
可愛いし、美味しいし、なので目をつぶります^^

bさん
お礼を拍手ページに書きました。
すみませんが、再度拍手して見てください。
ごめんなさい!
スポンサーサイト
Secret