--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.21 イタリア旅行記part2
italia23.jpg

イタリア2日目。
いよいよ観光スタート。
まずはヴァチカン市国からです。
写真多いので「続き」に。
italia6.jpg

城壁の向こうがヴァチカン。
ヴァチカン市国は、世界最小の独立国で、カトリックの総本山です。
国境越えますが、パスポートはいりません~。



italia7.jpg

世界最小の国にある、世界最大の博物館「ヴァチカン博物館」を見学します。
まだ朝8時前だというのに、すでにこの行列です。
と思ったら、11月はシーズンオフなので、行列は少ない方みたい。



italia8.jpg

20分位並んで、入場ー。
入口で手荷物検査をするので、時間がかかるのです。

まずは、ガイドさんから説明を受けて中に入っていきます。
最初にあったのは、庭でした。

italia9.jpg

ピーニャの中庭。
有名なのは、真中の地球ではなくて

italia10.jpg

この「松ぼっくり」です。
「ピーニャ」はイタリア語で松ぼっくりの意味だそう。

italia11.jpg

向こうにサン・ピエトロ大聖堂のクーポラがのぞいています。



italia12.jpg

上の階に上がって、やっと美術鑑賞です。


italia13.jpg

それにしても、美術品の写真が撮れるなんて、日本では考えられません!
燭台のギャラリー、タペストリーのギャラリーを鑑賞して


italia14.jpg

地図のギャラリー。
この天井!本当にキレイです!!

この後、ここでのメイン、システィーナ礼拝堂に入りました。
ミケランジェロの天井画と祭壇画「最後の審判」を鑑賞。
写真は撮れないので、ありません。
実物は、やっぱり迫力が違うのです。
修復されているのでキレイです。
口を開けたまま、首を痛めながら(真上をずっと見てるので)呆然。

システィーナ礼拝堂って、法王を決める「コンクラーベ」をするところ
でしたよね?



italia15.jpg

わたしたちは、ものすごく限られた時間しかないので、観光も急ぎ足。
ヴァチカン博物館って、本当は展示コースが7kmもあるのです。
続いて、サン・ピエトロ大聖堂に入ります。
ここが、カトリック教の主聖堂です。



italia16.jpg

大聖堂内部。
とにかくスケールの大きさに圧倒されました。
写真で見たりしていたけど、やっぱり実際に見てみないと
このスケール感はわかりません。



italia17.jpg

ミケランジェロ作「ピエタ」。
これ、ズームして撮ってます。
以前はもっと目の前で見れたそう。
でも、大理石とは到底思えない、ミケちゃんの技術のスゴサはわかります。



italia18.jpg

初代ローマ法王、聖ペテロの銅像。
信者達が足をすりすりしてきたので、足の指がすり減って無くなっています。



italia24.jpg

教皇の祭壇の上にあるブロンズの天蓋。
天辺の十字架までで高さ29mもあります。



italia19.jpg

その真上にあるのが、クーポラ。
ブラマンテの設計をミケランジェロが受継ぎ、完成。
ミケちゃんは彫刻家ですが、絵も描き、建築設計もしているのです。
天才!!



italia21.jpg

サン・ピエトロ大聖堂を出ると、サン・ピエトロ広場があります。



italia22.jpg

真中に建つのは、高さ25.5mのオベリスク。
広場の直径は約200m、約30万人収容できるそうです。
左右の列柱回廊の柱の総数は284本!
回廊の上には140もの聖人像が並んでいます。
この写真でわかるでしょうか…?

***

ここまでがヴァチカン市国観光。
続いて、バスで移動し、ローマ市内観光です。
長い文章、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!
感想などありましたら、コメントいただけると嬉しいです*
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。